【特別イベント】そしゃかふぇサミット:2021年3月16日(火、19:00~21:00)実施

「そしゃかふぇ」サミット

on世界ソーシャルワークデー

2021年3月16日(火)19時〜21時


登壇者:

・伊久間勇星   「脱・コロナぼっち!」2020年法学部卒、2021年第74期司法修習生。

・奥田紗永    「polarisの活動とソーシャルサポート」教養学部2年。教養学部・相関社会学コース内定。

・茂木麗奈   「看護実習での私の経験」医学部・健康総合科学科4年。2021年4月〜病院で看護師として勤務予定。

・DIPs     「そしゃかふぇについて」

大久保紗佳  「DIPs・そしゃかふぇの理念」教養学部2年。

永沼くるみ  「DIPsの活動のこれまで」教養学部2年。教育学部・教育心理コース内定。

田中真衣   「DIPsの活動のこれから-東大OpenChatそしゃチャット-」文学部3年。

・片山実咲      「被爆者の記憶と向き合う青年たちの平和概念の構築過程/他者や多文化を「理解する」ためのカリキュラム模索するインターナショナルスクール@NYの実践について」教育学部・教育心理学コース4年。2021年4月〜東京大学大学院に進学予定。

・李燁明       教養学部・国際関係論コース2019年卒業。現在戸塚区議員の秘書

・司会

安井歩美  教育学部・教育心理学コース4年。2021年~東京大学臨床心理学コース。

サーカー壽梨  東京大学教養学部教務補佐。東京大学教養学部PEAK2020年卒業。

・アドバイザー

細野正人 東京大学教養学部学術支援専門職員。ココロのトリセツゼミ担当先生。





3月16日(世界ソーシャルワークデー)19時〜21時、「そしゃかふぇサミット」をzoomウェビナー上で開催いたしました。東京大学における「ソーシャルサポート」の実践のリアルな声を届けるべく、またソーシャルアクションに繋がるきっかけとなって欲しいとの想いを込めて実施したイベント。オンライン参加者からの質問も多く、登壇者の活発なディスカッションを通じて「ソーシャルサポート」の重要性を届けました。





以下、事後レポートを記載いたします。




(第1部)


まず初めに総合司会のサーカーから挨拶及び「ソーシャルサポート」についての説明を行いました。


「本日はご参加いただき、ありがとうございます。


ソーシャルサポートとは社会的関係の中でやりとりされる支援のこと。より簡単に言うと、人と人とが関わる中で自然に得られているサポートのこと。友人との会話であったり、先生からの評価であったり、移動手段も含まれます。


本日ご参加いただいた皆様には東京大学におけるリアルな取り組みや実施にあたる想いなどをお聞きいただき、皆様の社会人生において何かのきっかけとなれば幸いです。」





次に、総合監督責任者の細野先生へとバトンタッチ。企画実施における趣旨・背景をご説明いただき、冒頭のご挨拶をいただきました。


「皆様、本日はお集まりいただきありがとうございます。このサミットの登壇者は、2019年Aセメスターまで開講されていた主題科目「ココロのトリセツゼミ」の関係者です。ゼミのテーマは毎年異なるものでしたが、最後の年にはソーシャルサポートを扱いました。今日は、様々な学問分野や職業に関わる登壇者が集まっています。そこで、このサミットでは多様な視点からソーシャルサポートについて考え、ソーシャルアクションを起こすきっかけになれば良いなと思います。」



素敵な挨拶をいただいた後は登壇者を紹介し、早速登壇者による発表へと移りました。最初の発表者は2020年法学部卒、2021年第74期司法修習生の伊久間勇星さん。「脱・コロナぼっち!」というタイトルで、伊久間さんが感じたコロナ禍における課題と乗り越え方などをご紹介いただきました。





「新型コロナウイルス感染拡大の影響で人と会う機会が極端に減り、どんどん人間じゃなくなっていく感覚がしました。人望がないだけと言われたらそれまでかもしれないですが、実際オンライン飲み会はコミュ障にとってはきついですし…最初の頃はどんどん疲弊していきました。」


それでも、このままじゃダメだと思い、オンラインツールを上手く活用したそうです。


「ただのzoom飲み会などだと場が持たなくなったりすることもありますが、ゲームや何か目的を通してのオンライン交流だと共通の話題もあることに気がつきました。そこで、流行っていたAmong Usなどを友達を集めてやってみたり、同じ法関係や社会問題の興味のある仲間を集めて自主ゼミをやってみたり。SlackやDiscordなどのオンラインツールもうまく活用してみました。」





どんな試合も0対0から始まるという言葉があるように、どのような状況に陥っても工夫のしようはあるのだなと思って過ごしたコロナ禍でした。」

続いてご登壇いただいたのは、教養学部・相関社会学コース内定している奥田さん。彼女は東京大学を目指す女子高生を支援するpolarisという団体の代表で、「polarisの活動とソーシャルサポート」について発表していただきました。





「まず東大女子と聞くとどのようなイメージを持ちますか?東京大学の前期課程における男女の割合は男子が圧倒的に多く、今年初めて女子率が2割の壁を超えました!この割合ですごいと思う時点で違和感を覚えませんか?」


そこに疑問を持ち、東大女子はもう少し身近で良い、女子高生はもう少し高く飛べるはずと考えてpolarisに入ったと言います。


「polaris=北極星のようなロールモデルを作って欲しいという理念のもと、女子高生に東大を身近に感じてもらい、進路や目標について考えてもらうこと、そして東大女子率の向上を目標に活動しています!Polarisでは、キャンパスツアーやワークショップ、そして女子高生・浪人生に東大をもっと知ってもらうために積極的に広報を行っています!」





「もっともっと多くの女の子にとって、東京大学が当たり前の選択肢になればいいなと思います。」


3番目の登壇者は、医学部・健康総合科学科4年で2021年4月〜病院で看護師として勤務予定の茂木さん。「看護実習での私の経験」というタイトルで、事例を交えながらお話いただきました。




「初めに、Aさんの事例をお話しします。Aさんは、入院・手術という慣れない体験への緊張、手術後の痛み、退院後の不安などを感じているようでした。そこで私は、気持ちの傾聴や痛みの軽減に努めたり、体調悪化の際に現れるサイン等の必要な知識をお伝えしたりすることにしました。」


「続いて、Bさんの事例をお話しします。統合失調症の診断を受けていたBさんの中では、退院して働きたいという思いと体調の悪化を心配する思いとが葛藤しているようでした。そんなBさんとお話しする中で、「今まで頑張って向き合ってきた」という言葉が非常に印象に残りました。」


そして、実習を通じてさまざまな患者さんと出会う中で、大切であると感じたことがあると言います。




「私もまだまだ未熟なのですが、トライアンドエラーを繰り返して、自分なりのコミュニケーションや技術を身につけていけたらいいなと思います。」


次に、DIPs(Diversity and Inclusion promotion @ Komaba)という団体で活動している大久保さん、永沼さん、田中さんに「そしゃかふぇ」についてご説明いただきました。まず初めに永沼さんから、DIPs活動のこれまでについてお話しいただきました。


「そもそもDIPsとはどんな団体かイメージがつきづらいでしょう。DIPsとは、2019年Aセメスターまで開講されていた主題科目「ココロのトリセツゼミ」の学生が、教養学部の高度教務支援専門職員である細野正人先生の指導のもと、「駒場キャンパスのDiversity&Inclusion」のために活動している団体です。」





活動内容としてはオンライン雑談プログラムである「そしゃかふぇ」の他に、聴覚障害の方向けにオンラインワークショップの字幕つけ作業や全国大学保健管理研究集会での発表も行ったそうです。

大久保さんはDIPsの活動及びそしゃかふぇの理念について説明してくださいました。そしゃかふぇの前身は「しゃべランチ」というものだったそう。


「しゃべランチは私が行ったことのないものも多いのですが、真ん中が教授としゃべランチのポスター、左がロシア語でしゃべランチのポスター、そして右が、留学経験者としゃべランチのポスターになっています(以下参照)。こんな風に、語学で集まったり、教授を招いて研究内容についておしゃべりしたり、学生同士で情報交換をするような場所でした。」




「そして、DIPsのメンバーが主に出身場所とするココロのトリセツゼミでは教室内に止まらず、授業後に懇親会としてお出かけに行ったり、外部の方を招いたり、逆に訪問してプレゼンをさせてもらってフィードバックをもらったりしたこともありました。そしてみなさんご存知の通り、このようなコミュニティは、今年度の四月、授業が全面オンライン開講に移行したことで、失われてしまうことになりました。」





授業の完全オンライン化によって新入生のコミュニティ作りの機械の減少や繋がりの希薄さに危機感を感じたDIPsメンバーがそしゃかふぇを立ち上げたそう。


「居場所感だったり、情報の支援をもらっていたような空間が、少しでも作り出せたらいいなと思って始めました。」


そしてDIPsの発表の終盤に、「DIPsの活動のこれから-東大OpenChatそしゃチャット-」というタイトルでそしゃチャットの発案者である田中さんにお話いただきました。





「多くの学生は学校が自分の家となったであろうコロナ禍ですが、他人と交流する手段はいくつかあるでしょう。zoom、電話、LINE、Twitterなど。しかし、それらで学校の廊下でたまたま友人に会って、そのまま立ち話するみたいに、自然にやっていけていますか?とりとめもない話をしたい、それだけなのに予定の調整をしなくちゃならなかったり、『そんなに時間とらせるほどの話でもないかなあ』と迷ったりする方もいるでしょう。」





そしゃチャットはOpenChatというLINEのツールを利用したもので、東大生が安心・気楽・自由に交流できる、出会いの場となれば嬉しいと熱く語ってくれた田中さんでした。


DIPsの後は、教育学部・教育心理学コース4年で高校時代に高校生平和大使を務めた片山さんに、「被爆者の記憶と向き合う青年たちの平和概念の構築過程/他者や多文化を「理解する」ためのカリキュラム模索するインターナショナルスクール@NYの実践について」というタイトルでお話いただきました。


「世界で初めて核兵器を禁止する国際法が2021年に発効されました。従来の研究では、少なくとも体験者と非体験者という2つの主体が前提でしたが、被爆者の高齢化(平均年齢は83.31歳:厚生労働省,2020 )に伴い、アーカイブズや遺跡、教育によって産出される文化的記憶のみが過去を名指す状況となってしまい、現状との乖離が起きています。」




そこで、今後の研究においては、聞き手が記憶をどのように引き受けたかを明らかにする必要があり、ソーシャルサポートにおいて必ずしも現場に当事者がいるとは限らないという観点と類似していると語る片山さん。また、平和活動に携わる青年のプロセスにおける葛藤、そして活動する青年への支援の少なさについてもお話いただきました。

「平和活動への参加と、それに対する批判的意見の認識などの葛藤がある中で、自主的に社会参加を行おうとする青年達のサポートが不足しています。

『親に受験との勉強との両立で結構反対されてた』

『批判の中で離れていく仲間が多いのも事実で』

『やってるうちにこれやりたくてやってるのか,それこそやらされてやっているのかわかんないって…義務感とか,使命感とか,それだけで動いてたら絶対限界ってくる』

などという声が実際にある中で、サポートの連鎖・ネットワークが必要なのだと私は思います。」


このような「平和」や「安全保障」など多くの議論や論争がある事柄、立場によって意見が変わりうる事柄を、多くの「学び手」が深く理解するためには、Conceptual basedなカリキュラムが役立つのではないかと言う片山さん。




「Conceptual based カリキュラムを採用したある授業の発表で、『罪と罰』と『こころ』の比較をした際には、

「命」に対しての価値観はどのように形成され、どのような時代背景を反映し、何に影響されていたか

などが議論されていました。このような概念的考察が今後の教育には必要になってくるのではないでしょうか。」


最後に登壇してくれたのは教養学部・国際関係論コースを2019年に卒業し、現在戸塚区議員の秘書として働いている李さん。


「本日は現役学生が多い中、一人だけ年上が混じっているみたいな感じになっていますが…(笑)皆さんの発表を聞いてすごいなと思ったのは『人間と人間』との関わり方を考えて生きていて、その東大内から生まれたものを発表している。」


現在は泉区を選挙区としているさかい学さんの秘書として務めている李さん。リアルな大学生活を経験していない新入生や1年ぶりにキャンパスに行くという人たちに向けて、そして社会に復帰する人たちに向けてどうしたらいいかという部分を話していきたいと話を構成してくれました。そこで、政治とSS関わっている部分が大きいと言います。


「政策全般についての意見募集を行ったある時、あるお父さんからメッセージをいただきました。

『長男が大学に入学したにも関わらず1度も登校していなくて、パソコンの前に縛りつけ。30歳未満の重症化リスクは低く、18歳からの数年間は人生の中で貴重な時間なのに、精神年齢は18のまま。このままだと日本は滅びてしまう。』

というものでした。


ここでフォーカスしたいのは、

18歳からの数年間は人生の中で貴重な時間なのに、精神年齢は18のまま。

という部分です。


どうしてでしょう?

大学は自立性と多様性のバランスだからです。時間割をある程度自由に組める部分もそうですし、誰とどういう付き合いをしてどういうコミュニティに所属するかも自分の選択です。自由の中に無秩序な衝突があって、そこで人格が形成されていくのが大学です。」





実学と実践。これら2つができるのが大学だと李さんは語ります。


「大学では高校までと違って、ためになる学問・実践的な学問があると思っています。ソーシャルサポートを自ら学びに行って、さらに実践しましょうということができたらなおいいんじゃないかなと私は思います。」


ご登壇いただいた皆様、ありがとうございました!!(サーカー)



(第2部)


登壇者発表のあとは、オンラインでご参加いただいた視聴者の方も交え、ディスカッションとなりました。ディスカッションは視聴者からのチャットでの質問を拾いつつ、総合司会の安井を中心に行われていきました。





奥田「片山さんの発表の中で、平和活動と概念的カリキュラムというお話がありましたが、この2つの繋がりをもう一度説明していただきたいです。」


片山「「平和」や「正義」など立場によって意見が変わったり、様々な議論がなされる複雑な概念を理解するためには日本の教育で主にやっている知識・事実ベースのカリキュラムではなく、IBなどでやっているconceptual base のカリキュラムが有効だなと私は思うという部分で繋がっています。」


安井「私からも質問なのですが、平和活動をしている青年に対して支援が少ないとのことでしたが、ソーシャルサポートは充実していないということでしょうか。」


片山「そうですね、学校という守られた環境内での活動ではないので、心ない言葉を直接投げかけられることもありました。」


「サポートに対するサポートが不足しているということなんですね。」


細野「もともとソーシャルサポートという言葉は、特定の分野のみで用いられていました。しかし、日本ではまだまだソーシャルサポートが不足しており、どんな人にとっても重要な概念であると思います。」


安井「ありがとうございます。それでは、最初に発表をしてくださった伊久間さんに質問したいと思います。伊久間さんは、司法試験の勉強期間にコロナが流行り始めたのですよね。」


伊久間「そうですね。3月に大学を卒業し、試験勉強に専念しようとした矢先、日本でもコロナが流行し始めました。」


安井「辛い記憶を思い出させてしまい申し訳ないのですが(一同笑い)、「コロナぼっち」で一番辛かったのはどのようなことですか」


伊久間「辛いというか、全然人間的じゃないんですよ。朝起きて、食事を取って勉強して、寝て、みたいな。親ともそのころあまり話さなくなっていましたし、無機的で。人との繋がりはやはり大切ですね」


安井「人との交流は、生活を彩ってくれるんですね。続いて奥田さんにお聞きしたいのですが、奥田さんはどのような経緯でpolarisに入ったのですか」


奥田「入学直後のテント列(部活やサークルが開催する新歓イベント)で、東大女子お断りのサークルに出会うという経験をしました。また、クラスでも女子の比率が小さく、『どうして女子学生であるというだけで、居づらさを感じなくてはいけないんだろう』と感じたことがきっかけになりました。」


安井「やはり、女子学生同士のやり取りから得られるソーシャルサポートもありますよね。続いて茂木さんにお聞きしたいのですが、看護実習の前後で変化したことはありますか」


茂木「変化したこと…例えば実習では、在宅医療の看護について学ぶことがありました。そこでの看護師は「何でも屋さん」みたいな感じで、医療的なケアだけではなく、必要ならば掃除や買い物も手伝います。普段は何も考えずに歩いている街の中で、ドアを開けたらそこにはケアを必要としている患者さんが待っているというリアルな感覚が生まれました。」


安井「看護師さんは、さまざまな形でサポートを提供するのですね。続いてDipsのみなさんに質問したいのですが、最初に大久保さん、そしゃかふぇで今年してみたいことはありますか」


大久保「私の中ではDipsの活動をどんどん大きくしていきたいという想いはそこまで強くありません。例え少人数でも、必要としている人に届いてくれればそれでいい。その意味で、この居場所を守り続けていきたいと考えています。同時に、コロナの中で受験勉強を経験し、入学してくる新入生向けにイベントを行いたいという想いはあります。」


安井「対面での交流が難しい分、直接的なソーシャルサポートは減少していますよね。続いて永沼さんに質問ですが、Dipsの活動で特に印象に残っていることはありますか」


永沼「そしゃかふぇでお招きしたゲストの方の発言を、文字に起こしたことです。情報アクセスのための手段を多様化することは大切であると学びました。」


安井「ありがとうございます。最後に、田中さんにお聞きしたいのですが、そしゃチャットを運営する中での大変さや楽しさを教えてください」


田中「大変なことは、発言しやすい雰囲気づくりです。現状、そしゃチャット内で発言する人は参加者の一部分です。参加者の中に、『話したいことがあるけれど、話せていない』という人はどれくらい存在するのか?どうしたら話せるようになるのか?それらを考えることが大変さです。楽しいことは、チャット内でのやり取りですね。私自身も、コロナの中でチャットのような居場所の必要性を感じていたので、そのように感じました」





以上で第1部及び第2部が終了。そして、最後に総合監督責任者の細野先生から最後の挨拶をしていただきました。


「ご登壇者の皆様、そしてオンラインで聴いてくださっている皆様、本日はご参加いただきありがとうございました。

皆様に『ありがとう』を伝えたい。普段から『ありがとう』と伝えているつもりなのですが、今日も改めて伝えようと思います。私は高校受験をするとき、ある大学生に家庭教師をしてもらっていました。毎週、その家庭教師の先生との会話が本当に楽しくて、心が救われていました。でもその当時は気恥ずかしさもあり、素直にお礼を伝えることができませんでした。そして、成長したらその姿を見せて『ありがとう』という報告をしたいとずっと思っていました。東京大学で教え始めた際に、もう報告しに行って良いくらいに成長しただろうと思い、その先生の元を尋ねました。しかし、その先生は既に亡くなってしまっていました。精神保健福祉士の資格を取得した時、大学に入学した時、大学を卒業した時…今まででも感謝を伝えに、報告をしに行くタイミングは幾度となくあったはずなのに、そのタイミングを逃してしまいました。なので見栄をはらずに『ありがとう』と伝えたいと思った際にどんどんと『ありがとう』という想いを伝えていきたい、そして皆様にもそうして欲しいと思います。

本日は改めてありがとうございました。」







137回の閲覧0件のコメント